緊急事態宣言の影響を受け、物流倉庫、製造工場の運搬作業の自動化分析および人手不足による運営リスク分析​の無償提供を始めます(5/31まで)
    ​次世代の自動搬送ロボット
    LexxAuto & LexxHard
    ​完全オープンソース化されたカスタマイズ可能な自動搬送ロボット
    株式会社LexxPlussは、物流倉庫、製造事業者が管理する既存システムに合わせ、容易にカスタマイズできる自動搬送ロボットを開発しています。
    ​自動搬送ソフトウェアシステム(LexxAuto)とロボットハードウェア(LexxHard)をオープンソース化することにより、製造価格でロボットを提供し、自動搬送ロボットの導入を検討している事業者へ最大限の利益を提供します。
    ​私たちは、自動搬送ロボットのハードウェア販売ではなく、顧客の自動化・効率化へコミットする自動運搬ソリューションのプロフェッショナルです。
     

    ​物流倉庫・製造工場内
    搬送作業の自動化・効率化に関する課題

    ​自動運搬ロボットの導入が進まない3つの理由

    自動搬送ロボットの導入を
    検討しているが、

    既存システムとの連携が難しい

    ​損益分岐点を考えると

    結局、ロボットのTCOが高い

    Total Cost of Ownership

    いざ導入を試みるが、

    自動化に関するノウハウがない

     
     

    ​事業サポートにコミット

    顧客のフェーズに合わせて、自動化検討、導入、運用サポートを行います

    事業者の自動化プロセス

    LexxPlussが提供するサポート

    01/

    検討フェーズ


    物流倉庫や、製造工場の一部の
    プロセスの自動化を検討している。

    ​数台導入してまずは、試してみたい。

    ​自動搬送ロボットがどの程度活用できるか検討したい。
     

    02/

    プロジェクトフェーズ


    選定した物流倉庫・製造工場に1台から4台程度、自動搬送ロボットを導入し実証実験を試みたい。
     
     

    03/

    現場導入フェーズ


    実証実験が完了し、本格的に自動搬送ロボットを多数台導入したい。
    ​違う現場にも導入していきたい。


     

    04/

    運用・管理フェーズ


    自動搬送ロボットの導入後の管理をできるだけ簡単に行いたい。
    既存システムと連携させ運用したい。

    常にサポートを得られる体制でいたい。

     

    LexxSupport

    継続的な事業に向けたオンライン&オフラインサポート

    ● 導入前コンサルティング
    ● 倉庫・工場自動化に向けた教育プログラム
    ​● オフラインサポート
    LexxSupport

    継続的な事業に向けたオンライン&オフラインサポート

    ● 自動化プロジェクトサポート
    ​● 自動搬送ロボットテクニカルサポート
    LexxHard & LexxAuto

    ​自動搬送ロボットを製造価格で販売します

    LexxWeb

    Coming Soon

    ​自動搬送ロボット管理システム

    ● 複数台の自動搬送ロボットの運用・管理
    ​● 自社システムとの簡単連携
    ● 1 - Clickソフトウェアアップデート
    ● 稼働分析
    ● サポートエンジニアへのサポートチャットbot
    LexxPluss
    名称     株式会社LexxPluss
    ​英語名所   LexxPluss, Inc.
    代表     代表取締役 阿蘓将也
    設立     2020年4月
    所在地    神奈川県川崎市
    コンタクト  こちらから
    • Facebook
    • Twitter

    2019-2020 Copyright © LexxPluss, Inc. All Rights Reserved.